• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
  • 賛助会員募集
  • 有料メールマガジン
  • グッズ販売toSUZURI
  • LINEスタンプ
上映作品screning

83歳のやさしいスパイ

83歳のやさしいスパイ、画像メイン
83歳のやさしいスパイ、画像1
83歳のやさしいスパイ、画像2
83歳のやさしいスパイ、画像3
83歳のやさしいスパイ、画像4
83歳のやさしいスパイ、画像5
83歳のやさしいスパイ、画像6
83歳のやさしいスパイ、画像7
83歳のやさしいスパイ、画像8

© 2021 Dogwoof Ltd - All Rights Reserved

9月25日(土)~10月1日(金) ※火、水曜日休館
(1)10:30~12:03 ※予告5分
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

9月11日~10月8日:スケジュールPDFファイルはこちら

老人ホームの内定のため入居者として潜入した83歳の男性セルヒオの調査活動を通して、ホームの入居者たちのさまざまな人生模様が浮かび上がる様子を描いた、ユーモラスでハートウォーミングなキュメンタリー。妻を亡くして新たな生きがいを探していた83歳の男性セルヒオは、80~90歳の男性が条件という探偵事務所の求人に応募する。その業務内容はある老人ホームの内定調査で、依頼人はホームに入居している母が虐待されているのではないかという疑念を抱いていた。セルヒオにスパイとして老人ホームに入居し、ホームでの生活の様子を毎日ひそかに報告することなる。しかし、誰からも好まれる心優しいセルヒオは、調査を行うかたわら、いつしか悩み多き入居者たちの良き相談相手となっていく。舞台となった老人ホームの許可を得て、スパイとは明かさずに3カ月間撮影された。第17回ラテンビート映画祭や第33回東京国際映画祭では「老人スパイ」のタイトルで上映。第93回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。
(上映時間:88分 DCP上映)

このページのトップへ

食の安全を守る人々

食の安全を守る人々、画像メイン
食の安全を守る人々、画像1
食の安全を守る人々、画像2
食の安全を守る人々、画像3
食の安全を守る人々、画像4
食の安全を守る人々、画像5
食の安全を守る人々、画像6
食の安全を守る人々、画像7
9月25日(土)~10月1日(金) ※火、水曜日休館
(1)12:30~14:18 ※予告5分
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

9月11日~10月8日:スケジュールPDFファイルはこちら
トークイベント決定
918日(土)10:30の回上映後
ゲスト:原村政樹監督
925日(土)12:30の回上映後
ゲスト:山田正彦プロデューサー
詳細はイベントブログ『食の安全を守る人々』トークイベントをご覧ください。

種子法廃止、種苗法の改定、ラウンドアップ規制緩和、そして表記無しのゲノム編集食品流通への動きと、TPPに端を発する急速なグローバル化 により日本の農と食にこれまで以上の危機が押し寄せている。しかし、マスコミはこの現状を正面から報道するこ とはほとんどなく 、日本に暮らすわたしたちの危機感は薄いのが現状である。
この趨勢が続けば多国籍アグリビジネスによる支配の強まり、食料自給率の低下や命・健康に影響を与えることが懸念される中、弁護士で元農林水産大臣の 山田正彦が、長年、農業をテーマに制作を続けている原村政樹監督との二人三脚で撮影を進め、日本国内だけでなく、アメリカでのモンサント裁判の原告や、子どものために国や企業と闘う女性、韓国の小学校で普及するオーガニック給食の現状など幅広く取材。 果たして日本の食の幸せな未来図はどこに・・・。
2020年第94回キネマ旬報文化映画ベスト・テン第7位に選出され、同年の第38回日本映画復興奨励賞を受賞した『タネは誰のもの』のベースとなり、クラウドファンディングでも1600人以上から支援が集まり話題を呼んだ本作。山田正彦プロデューサーと原村政樹監督のタッグに加えて女優で作家、ダンサーの杉本彩がナレーションを担当。前作と本作を通して、農と食のあるべき姿が見えてくる 。
(上映時間:103分 )

このページのトップへ

ベルヴィル・ランデブー

ベルヴィル・ランデブー、画像メイン
ベルヴィル・ランデブー、画像1
ベルヴィル・ランデブー、画像2
ベルヴィル・ランデブー、画像3
ベルヴィル・ランデブー、画像4
ベルヴィル・ランデブー、画像5
ベルヴィル・ランデブー、画像6
ベルヴィル・ランデブー、画像7

©Les Armateurs / Production Champion Vivi Film / France 3 Cinéma / RGP France / Sylvian Chomet

9月18日(土)~9月24日(金) ※火、水曜日休館
(1)14:50~16:15 ※予告5分
9月25日(土)~10月1日(金) ※火、水曜日休館
(1)15:00~16:25 ※予告5分
※本作の前売券(ムビチケオンライン)はお使いいただけます
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

9月11日~10月8日:スケジュールPDFファイルはこちら

2003年のカンヌ国際映画祭で特別招待作品として上映され、ニューヨーク映画批評家協会賞をはじめ多くの映画賞を受賞し、フランス映画として初めてアカデミー賞の長編アニメーション映画部門にノミネート。2021年2月10日Newsweek(電子版)が発表した批評家が選ぶ100本のアニメーション映画15位、21世紀のアニメーション映画の傑作(IndieWire)、トップ100アニメーション映画(ロッテントマト、94%フレッシュ)、100本のアニメーション映画(タイムアウト)など世界各国の名作アニメーション・ランキングに必ず選出される21世紀を代表する傑作。ファニーでチャーミングな作品は20年もの間、多くの人に愛され続けている。
孤独な少年シャンピオンが情熱を傾ける自転車レース。孫を不憫に思うおばあちゃんとの特訓が実を結び、遂にツール・ド・フランスに出場するもそこで、事件は起きる。マフィアに誘拐された孫を追って、愛犬ブルーノとともにシャンピオン奪還のための大冒険が始まる。協力してくれるのは伝説の三つ子ミュージシャンの老婆、腕力では敵わないが、人生経験と知恵そしてユーモアと愛で数々の難局を乗りきっていく。
(上映時間:80分 DCP上映)

このページのトップへ