• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
  • 賛助会員募集
  • 有料メールマガジン
  • グッズ販売toSUZURI
  • LINEスタンプ
上映作品screning

私はヴァレンティナ

私はヴァレンティナ、画像メイン
私はヴァレンティナ、画像1
私はヴァレンティナ、画像2
私はヴァレンティナ、画像3
私はヴァレンティナ、画像4
私はヴァレンティナ、画像5
私はヴァレンティナ、画像6
私はヴァレンティナ、画像7
私はヴァレンティナ、画像8
私はヴァレンティナ、画像9
私はヴァレンティナ、画像10

©2020 Campo Cerrado All Rights Reserved.

7月2日(土)~7月8日(金)※火曜日、水曜日定休
(1)10:30~12:10 ※予告5分
7月9日(土)~7月15日(金)※火曜日、水曜日定休
(1)14:30~16:10 ※予告5分
※本作は前売券をご使用いただけます
※予約不可、当日券のみ(イベント時は予約を受け付ける場合あり)
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」
7月2日~7月29日:スケジュールPDFファイルはこちら

LGBTQの権利保障に前向きに動き、同性婚も認められているブラジル。その一方、トランスジェンダーの中途退学率は82%、そして平 均寿命は35歳と言われている。いまだ根強く残る差別による事件の数々。トランスジェンダーの少女が、ただ自分自身として学校生活を送りたいというごくシンプルな望みすら実現することの難しさをリアルに描き、自分の居場所を探し、あるがままでいることの力強さを描いた本作。
ヴァレンティナ役は自身もトランスジェンダーであり、著名なYouTuberでインスタグラマーとしても活躍中のティエッサ・ウィンバックが演じる。監督はショートショートフィルムフェスティバル&アジア2009でオーディエンス・アワードを受賞した『秘密の学校』(08)のカッシオ・ペレイラ・ドス・サントス。苦しい状況の中でも若いトランスジェンダーたちにとって希望のある物語を贈りたいという監督の想いから生まれた、未来に捧げる一作。
監督のカッシオとプロデューサーのエリカがこのプロジェクトを始めたのは、まだトランスジェンダーに関する映画が出始めだした2013年のことだった。1本目の長編監督作でありプロデュース作でもあるこの作品の出資を募るまで数年が掛かった。2019年5月に撮影を開始。カッシオとエリカ自身もLGBTQであり彼らがトランスジェンダーを映画のテーマとしたのは、このような人物たちが社会においてもっと認識されるべきだという望みからであった。保守的な社会の中で、特に極右政権が国を司る地球の裏側のブラジルで、カッシオはこの映画によって観客たちが繋がり、インクルージョンとリスペクトという今まさに必要な議論に貢献してほしいと思ったのだ。『私はヴァレンティナ』は十代、そして若い世代のために作った映画である。
(上映時間:95分 )

このページのトップへ

テレビで会えない芸人

テレビで会えない芸人、画像メイン
テレビで会えない芸人、画像1
テレビで会えない芸人、画像2
テレビで会えない芸人、画像3
テレビで会えない芸人、画像4
テレビで会えない芸人、画像5
テレビで会えない芸人、画像6
テレビで会えない芸人、画像7
テレビで会えない芸人、画像8
テレビで会えない芸人、画像9
テレビで会えない芸人、画像10
テレビで会えない芸人、画像10
テレビで会えない芸人、画像10

©2021 鹿児島テレビ放送

7月2日(土)~7月8日(金)※火曜日、水曜日定休
(1)12:40~14:06 ※予告5分
7月9日(土)~7月15日(金)※火曜日、水曜日定休
(1)10:30~11:56 ※予告5分
※予約不可、当日券のみ(イベント時は予約を受け付ける場合あり)
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」
7月2日~7月29日:スケジュールPDFファイルはこちら

芸人、松元ヒロ。かつて社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」で数々の番組に出演し人気を博した。しかし90年代末、彼はテレビを棄て、主戦場を舞台に移す。政治や社会問題をネタに笑いで一言モノ申す。ライブ会場は連日満席、チケットは入手困難。痛快な風刺に、会場がどっと笑いで包まれる。しかしそれだけではない。松元ヒロの芸には、不思議なやさしさがある—
松元が20年以上語り続ける『憲法くん』は、日本国憲法を人間に見立てた演目。井上ひさしが大絶賛し、永六輔は「ヒロくん、9条を頼む」と言い遺した。その芸は、あの立川談志をしてこう言わしめた。「最近のテレビはサラリーマン芸人ばかり。本当に言いたいことを言わない。松元ヒロは本当の芸人」。けれど、いや、だからこそ、いまテレビで彼の姿を見ることはない…。
そんな今日のメディア状況に強い危機感を募らせていたのは、松元の故郷鹿児島のローカルテレビ局。2019年の春から松元ヒロの芸とその舞台裏にカメラが張りついた。監督は鹿児島テレビの四元良隆と牧祐樹。プロデュースを手掛けたのは『ヤクザと憲法』『さよならテレビ』などの衝撃作を世に送り出してきた東海テレビの阿武野勝彦。なぜ松元ヒロはテレビから去ったのか? なぜテレビは松元ヒロを手放したのか? そして本作はその答えを見つけられたのか?
(上映時間:81分 )

このページのトップへ

キャスティング・ディレクター
ハリウッドの顔を変えた女性

キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像メイン
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像1
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像2
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像3
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像4
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像5
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像6
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像7
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像8
キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性、画像9

©Casting By 2012

7月2日(土)~7月8日(金)※火曜日、水曜日定休
(1)14:30~16:04 ※予告5分
7月9日(土)~7月15日(金)※火曜日、水曜日定休
(1)12:30~14:04 ※予告5分
※予約不可、当日券のみ(イベント時は予約を受け付ける場合あり)
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」
7月2日~7月29日:スケジュールPDFファイルはこちら

本作はハリウッドで長年活躍したキャスティングの先駆者マリオン・ドハティ(1923-2011)を中心に、キャスティング(配役)という仕事に迫るドキュメンタリーです。絶妙なセンスと直感的な先見の明を頼りに、白人男性至上主義が根強く、役者を単純にタイプ分けしていた古いスタジオの配役方法から、ユニークで多彩なアンサンブルキャストへ移行する道筋をつけ、革新的なアメリカン・ニューシネマの到来を告げたマリオン。驚きと笑いに溢れたエピソードの数々、そして切なくも感動的なラストまで...その人生を通して映画史に新たな光を当てます。
スターたちが自ら語るキャリアを変えた“あの役”、そしてアメリカ映画が輝き出した時代が鮮明に蘇る貴重な証言が満載!主な出演者にマーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、ウディ・アレン、アル・パチーノ、ロバート・レッドフォード、クリント・イーストウッド、メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー、ダスティン・ホフマン、ジョン・ヴォイト、グレン・クローズ、ジョン・リスゴー、ベット・ミドラー、ジョン・トラボルタ、バック・ヘンリー、リチャード・ドナー、ジョン・セイルズ、テイラー・ハックフォード、ノーマン・ジュイソン、ピーター・ボグダノビッチ、デヴィッド・ピッカーほか。そして現在活躍する後進のキャスティング・ディレクターたち。
2012年に米国で公開されキャスティングへの再評価と、その後にアカデミー賞が取り組む変革(2025年の第96回以降は作品賞候補に“インクルージョン(包摂性)”が評価条件に加わる等)にも重要な役割を果たしたと評価された注目作です。2019年に英国アカデミー賞がキャスティング部門を新設したことも話題となっており、今回が日本初公開となります。
(上映時間:89分 )

このページのトップへ